リスタート

若者の「内向き志向」について 2012年版

******************************** ・リンクは別窓で開きます ・更新履歴 2013年6月8日 :文章の微調整 :20代人口と20代出国者数を比較したグラフを追加 *******************************…

入山章栄著『世界の経営学者はいま何を考えているのか』を読む

入山章栄,2012,『世界の経営学者はいま何を考えているのか』英治出版. ――メモ―― 日本の経済学部・修士を出て民間就職したのち、アメリカの経営学博士課程にすすんで、研究者となった著者による、「世界」の経営学を紹介する書。内容についてはメモすらま…

小林秀雄「信ずることと考えること」 メモ

メモ段階小林秀雄、昭和49年講演「信ずることと考えること」 「経験科学」は対象を、人間の豊かで広大な経験を、”勘定できる経験”=「科学的経験」(合理的経験)に絞った。それによって科学は発達していったが、それは人間の経験を狭めることにもなった。「…

シノドス読了メモ

畠山勝太「OECD諸国との教育支出の比較から見る日本の教育課題」(2012/6/19) http://synodos.livedoor.biz/archives/1944531.html GDP比の公教育支出という指標は、1.全人口に占める学齢人口の割合の大きさと、2.GPF比に対する政府の大きさにも依存する…

読書メモ

・石川文康,1995,『カント入門』筑摩書房, 全七章でカントの批判哲学を概観する入門書。カントの生涯よりも「内面のドラマ」を描くという意識で書かれたそうだが、割とオーソドックスな構成。1,2章で批判哲学のエッセンスと著者が考える「仮象批判」と「…

William Shakespeare, 1595?, Romeo and Juliet.を読む

中野好夫訳、1951→1996、『ロミオとジュリエット』新潮社. ■内容 ロザラインへの叶わない恋に悩むモンタギュー家のロミオを、友人たちが敵対するキャピュレット家の晩餐に誘う。そこでロミオはキャピュレットの娘ジュリエットに一目ぼれする。ジュリエット…

和歌を読む3――「新古今和歌集」を読む

前々回は「万葉集」、前回は「古今和歌集」を読んできました。 古今和歌集は途中で放棄してますが、おいおい仕上げて行くということで、気にせず「新古今和歌集」を読みたいと思います。(私がどういうスタンスで読んでいるのかは文学史を復習したエントリー…

和歌を読む2――「古今和歌集」

前回「万葉集」をざっくりと読んだので、今回は古今和歌集を読みたいと思います。(私がどういうスタンスで読んでいるのかは文学史を復習したエントリー(→こちら)をご覧ください。素人が和歌の勉強もしたことないのに、いきなり読んであれこれ言ってみる、…

和歌を読む1――「万葉集」

前回文学史を復習したので(→こちら)、万葉集から読んでいきます。学校の授業というわけでもないので(というかわからないので)和歌の形式にはあまりふれず、内容について素直に感じたことをあれこれ書いてます。 ■基本情報 万葉集は持統天皇のころから着…

和歌を読む0――文学史復習

「和歌」は私にとって遠い存在です。学校で学んだものの、そのほとんどは忘れ、たまにふとウェブで検索して良さそうなものを探す程度のものでした。少し時間ができたので、いつか「和歌を楽しむ」ことができるようになるために基礎知識をおさらいしようかな…

忘備録(新聞記事)

気になった新聞記事の忘備録 ▲米新聞業界(A2011/10/29-15) 不景気による広告収入減で、休刊(2007-2011で212紙)、記者の賃金、人数減。ローカル紙休刊で、小さな街の役所や議会、学校や地裁に取材に行く記者がいなくなった結果、市議会の監視の不在、政治…

2012年予定(国際関係中心)

■1月◆予定 3日 アメリカ大統領選の共和党候補選びスタート 14日 台湾総統選・立法院選 22日 フィンランド大統領選挙 24日 アメリカ大統領一般教書演説 29日 アフリカ連合(AU)総会(アディスアベバ) 30日 EU首脳会議(ブリュッセル) 日本通常国会スタート …

メモ

・2011年12月18日 朝日新聞 二面「米統計局の11月の発表では、親の家に住む25〜34歳の男性は05年に比べて約35%も増えた。民間団体「無敵の若者」の調査では、この年代の約半数が家の購入を見送り、4分の1が結婚を遅らせた。「親の世代より暮らしぶりが悪く…

メモ:落語家

落語家・諸派の布置、系譜のメモです。■上方落語の四天王 ■落語四天王 ■その他 ■諸派 という分け方でまとめています。 ■上方落語の四天王(上方落語の復興を担った) 【1】3代目 桂 春団治(はるだんじ 1930−) →春団治一門 … 4代目 桂 福團治(ふくだんじ1…

原爆と原発――なぜ日本は原発大国になったのか

■田口ランディ、2011(9月)、『ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ』 著者の田口ランディさんは、チェルノブイリ原発の事故以来、原発についての発言も行い、小説の題材にもしている方である。本書は2011年6月という、まだ新聞、テレビ、ネットの中で原発が多くの…

グリム童話を読む

グリム童話を読んだことがないので、暇なときに少しずつ読もうかな、と。 読むのは、Robert Brandon編纂「The Classic Fairy Tales of The Brothers Grimm」というロンドンのStudio Editionからでている英訳本。初版は1935年で、手元にあるのは1992年のもの…

世界の内閣メンバー他

■日本2011年9月〜 総理大臣 野田佳彦 前財務相 官房長官 藤村修 前幹事長代理 総務大臣 川端達夫 前文部科学大臣(沖縄・北方担当大臣兼務) 法務大臣 平岡秀夫 総務副大臣 外務大臣 玄葉光一郎 国家戦略担当大臣 財務大臣 安住淳前 国会対策委員長 文部科学大…

Hume, D. 1742, "OF ESSAY-WRITING" (エッセイを書くことについて)

近年、ヒュームのエッセイに注目が集まっているようです。「エッセイを書くことについて」と題された非常に短い文章でヒュームの考えに少しだけ触れることができます。 これはヒュームの『道徳・政治・文学論集』というエッセイ集に収録されているもので、英…

「核家族化」の基礎資料

「核家族化」について考える際の基本的なデータと論点についてのメモです。 まだ確認しなおしていないので、数値の正しさは保証しません。 →確認しました(2011.10.20) 用語確認 普通世帯 1.住居と生計をともにしている人の集まりと、2.一戸を構えてい…

フェミニズム(ジェンダー、セクシュアリティ)

―――――――――――――― 「フェミニズム」についての簡単なまとめです。「ジェンダー」と「セクシュアリティ」という概念を中心に基本的なもののみまとめました。ウェブ上にはこれよりとても上手にまとめられたものがあるので、他を当たってもかまいません(笑) ――2…

記憶の政治学――なぜ8月15日が終戦記念日になったのか

たまには、季節にあったものを。 日本人の多くは8月15日が終戦記念日と記憶している。しかし、この日は国際法上はまったく意味を持たない日である。国際的には降伏文書が調印された9月2日が「戦勝記念日」と設定されている。ではなぜ、8月15日が終戦記念日と…

「若者の内向き志向」について2 〜若者の海外旅行離れ?〜

***注意***************************** ・最新のデータを追加して新しく記事を書きました(2012年12月15日)。 ・リンクは別窓で開きます ・まとめが最後にあります。 ・この記事は2010年10月12日(12月27日追記)に別の場…

「若者の内向き志向」について1 〜若者の留学離れ?〜

***注意***************************** ・リンクは別窓で開きます ・忙しい人は太字と結論部分だけ読めばOK(大きなまとめはコチラの最後にあります)。 ・この記事は2010年10月5日に別の場所で書いたものです。 ・更新履歴…

少年犯罪/少年の犯罪被害 基礎資料

少年犯罪は増加・凶悪化していない、という事実は既に広く知られていると信じますが、聞いたことがあってもデータへのアクセスが困難な人もいるかもしれない。そう思い、ここに関連するデータを羅列しました。また統計データを読む際の注意点も広田(2001)…

メモ:「普遍と特殊」

最近メモばっか ・個人 −あいつは俺とは全く違う種類の人間で、全く異なる性質を持つ →だから、違いを認めよう。異質な他者への寛容。 →だから、対話は本質的に不可能。 −あいつと俺は本質的な部分は同じ。 →だから、違いがあってもみんな仲良く。人類みな兄…

メモ:佐藤郁哉『フィールドワーク――書を持って街へ出よう』

*まだメモ段階です。 ■佐藤郁哉、1992、『フィールドワーク――書を持って街へ出よう』新曜社 『暴走族のエスノグラフィー』を読み直したら、きちんと書く予定。 ・フィールドワークについての全体像、輪郭を捉えるための本 ・平易でわかりやすく、すらすら読…

中江兆民1887『三酔人経論問答』東京集成社

*たんなるまとめです。■中江兆民1887『三酔人経論問答』東京集成社 →1965年桑原武夫・島田虔次訳(岩波書店) 兆民が本格的に政治活動に乗り出す前、民主主義の理論の精緻化を試みていたころにだされたもの。前年の1886年には『理学鉤玄』『革命前法朗西二…

メモ:横浜市教科書採択問題

横浜市教科書採択問題に関するメモと資料です。 そのうちで文章にしたいと思っています。 ■問題とされている点 ▲市教委と県教委 ▲教科書の採択地区が一本化された 2009年まで:18行政区各区ごとの採択 現行 :1採択地区 横浜市教育委員会「共通の教科書を使…

新聞に現れる「若者」に関する言説(1876〜2011)

メモです。 *別のブログで以前書いたメモも入っています。 *「*」は判読不能。強調すべて引用者。 ■1876年(04月20日)の若者批判(読売新聞:朝刊 3ページ) 追々世の中に便利なものが出来まして、其内人力車*一寸急用の時などに*至極宜しいがそこで其…

「梅雨」の社会的構築

「梅雨」などない!われわれは騙されている!ということを言う戯言記事です。 私は昔(2002年あたり)から一貫して、「梅雨」などというものは存在しない!と友人に主張し続けてきました。しかし、「ソースは俺」という態度だったためか、だれも真剣に聞いて…